アフィリエイト広告を利用しています

ゴールドフィルターのデメリットと注意点を徹底解説!

生活

コーヒーフィルターにはいろいろありますが、皆さんはどんなタイプをお使いですか?

金属製のフィルターは、何度も使える上に頑丈で、とっても便利ですよね!

実は私、5年間ゴールドフィルターを愛用中です。

フィルターの長所と短所をしっかり見極めて、自分にぴったり合ったものを選べば、コーヒータイムがもっと素敵になるはずですよ!

ここでは、実際使てみての感想や注意点をご紹介します。

私が使用しているコーヒーフィルターはこちら

>>ゴールドフィルターをAmazonで見てみる

>>楽天でゴールドフィルターを見てみる

デメリットを知って賢く選ぶ!金属コーヒーフィルターの真実

豊かな味わい、でも沈殿物に注意

ゴールドフィルターを使えば、コーヒーの油分や微粉末がしっかり抽出されて、豊かな味わいが楽しめます。

ただ、沈殿物が少し多いです。

コーヒー豆は細かく挽くことをお勧めします

薄っすらと粉が沈むこともありますが、それもまた一興ですよね。

私は、慣れたら特に気にならなくなりました。

定期的なお手入れが必須

ゴールドフィルターを使ったあとは、水でさっと洗い流し、洗剤を使って優しく洗うことが大切ですね。

そうすることで、前回のコーヒーの香りが次に淹れるコーヒーに移らないようにできますよ。

気をつけたいお湯の温度

お湯の温度にも気を配りましょう。

ゴールドのフィルターは熱をすぐに伝える性質があるため、温度がとてもポイントとなります。

お湯の温度が高すぎると、コーヒーの苦味や酸味が強くなり過ぎてしまうことがあります。

環境にやさしい道具

ゴールドフィルターは繰り返し使えるため、使い捨ての紙フィルターを使用するよりもゴミの量を減らすことができ、環境にやさしいです。

私が使用しているフィルター、coresゴールドフィルターを見てみる

金属フィルターとその使い方、美味しいコーヒーの淹れ方と豆知識

コーヒに適した水

まず、コーヒーに使う水を選びます。水は軟水、中硬水、硬水の3種類に分かれます。

軟水は口当たりが柔らかく、スッキリした味わいがあります。

中硬水はバランスが良く飲みやすく、硬水はミネラルが豊富で重たい口当たりと苦味があります。

自分の好みやコーヒー豆に合わせて選ぶと良いでしょう。

コーヒーの適切な温度

一般的には82℃から95℃が適温です。沸騰したお湯を少し冷ますことで、最適な温度になります。

カップの準備

コーヒーを淹れる前に抽出器具やカップを温めておくことも大切です。

温度がコーヒーの味に影響するため、事前に温めておくと良いですよ。

お湯を注ぐ時のポイント

フィルターにお湯を注ぐ際は、中央に注ぐようにしてください。メッシュ部分以外に注ぐと、コーヒー粉が通らず薄いコーヒーになってしまいます。

フィルター詰まり予防

コーヒー粉がフィルターに詰まってくることがあるので、途中で抽出が遅れることがあります。その際は、フィルターを持ち上げて水平を保ちながら縁を軽くタップすると、湯だまりを押し出して抽出を助けることができます。

これらが金属フィルターを使った美味しいコーヒーを淹れるポイントです。ぜひ試してみてください!

ゴールドフィルターはAmazon、楽天、Yahooサイトで多くの商品から選ぶことができますよ

5年使用しての感想

5年間使ってみた感想は、まず、その耐久性に驚きました。使い捨てのペーパーフィルターと比べて、長期間使えることは環境にも優しいし、経済的です。

また、コーヒーのオイルがしっかりと通るため、コクと味わい深さが際立つコーヒーを楽しめる点は素晴らしいと感じました。

ただ、細かいコーヒーの粉が通りにくいこともあって、繊細な調整が必要な場面がありました。

それでも、お手入れが比較的簡単で、使い続けることでコーヒーの味わいに変化があることも楽しい発見でした。

5年間の使用で、コーヒーを淹れる楽しみが増え、地球にも貢献できた気がします。

ゴールドフィルターは手間がかかるときもありますが、その価値は大きいと感じました。

ゴールドフィルターをAmazon、楽天、Yahooで見てみる

まとめ

ゴールドコーヒーフィルターで美味しいコーヒーを淹れましょう。

このフィルターは油分を通し、コーヒーに深みを加える一方で、お手入れが大切です。

また、コーヒーを淹れる際は温度にも気をつけて。

ちょうど良い温度で抽出することが、最高の味を引き出します。

エコフレンドリーな点も魅力です。使い捨てる必要がないので、環境に優しく、何度も楽しめます。

ゴールドフィルターで、毎日のコーヒータイムをもっと素敵にできますよ。

>>ゴールドフィルターをAmazonで見てみる

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました